SRE不動産は売主目線のサービスでかなりオススメ

SRE不動産公式サイト

物件売却に不動産会社はまさに二人三脚のパートナー。

 

家を高くスピーディーに売却できるか否か?というのは、営業担当者の手腕で大きく異なります。

 

インターネットから複数の会社に気軽に査定に出せる時代、しかし各社の値段を並べられたところで実際どの不動産会社に頼むのがベストなの?と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

 

今回は数ある不動産会社の中から今ネットで話題のSRE不動産(旧名:ソニー不動産)をピックアップし、SRE不動産の特徴や強み、評判について掘り下げていきますので、会社選びに悩んでいるならぜひ参考にしてみてください。

 

SRE不動産の特徴

こちらは旧名ソニー不動産で、ゲームや電化製品で有名なソニーグループの不動産事業

 

2014年に設立されてから、東京・千葉・神奈川・埼玉・大阪・京都・奈良・兵庫と8都道府県に手広く展開し、マンションや一戸建ての売買仲介しています。

 

 

割りかしできたばかりの会社にも関わらずSRE不動産がここまで注目を浴びているワケ…それは従来の不動産業者にはない新しい取り組みをされているからなんです。


 

ちなみにGMOリサーチの結果では、これまで不動産を売却した事がある人に対する満足度調査で、SRE不動産はなんと驚異の92%!

 

売却価格の納得度やサービスの先進性などの項目においてなんと数ある不動産会社の中でNo.1を獲得しているんです。

 

一体他の所はどんな点が異なるのでしょうか?
次から見ていきますよ!

 

囲い込みの心配なし!安心の売却エージェント制

ここは、不動産会社には珍しい「売却エージェント制」を導入しており、売主のみしか仲介をしないという片手仲介の仕組みをとっています。

 

売主目線にのみ立つことで、いかに物件を高く売却するか?という事にとことん向き合えることを何よりの強みとしています。

 

囲い込みのリスクもある両手仲介

売主と買主の両方を仲介することをを両手仲介と呼びます。

 

不動産会社は「仲介料」が収入になるわけですから、当然売主と買主の両方を受け持った方が利益に繋がるため両手仲介を目指すのが普通。

 

ちなみに、利益を追い求めるが故に他の不動産会社に物件情報を開示しない行いを「囲い込み」と呼び、そのせいで物件が売れ残る危険性があるため売主にとっては非常に迷惑な行為!

 

しかし残念ながら囲い込みはグレーゾーンとなっているため、これを行っている所が多いのが現状なんですね。

 

しかしSRE不動産は片手仲介のみを専門としているため、そもそも囲い込みを心配する必要がないんです。
これだけで売主としては、非常に好感度が持てるポイントではないでしょうか。

 

仲介手数料の割引サービスがある

不動産会社の収益は主に仲介者から得られる「仲介手数料」だという話を先程の段落でしましたが、仲介手数料は自由に設定して良いものではなく、法律で取引額ごとにリミットが決まっています。

 

〇200万円以下
売却額×5%+税金

 

〇200万〜400万円以下
売却額×4%+2万円+税金

 

〇400万円以上
売却額×3%+6万円+税金

 

仲介手数料の一例

取引額150万円の場合:上限は75,000円+税金
取引額1億円の場合 :上限は300万円+税金

 

このように取引額が高くなればなる程、仲介手数料も高額になるので、不動産会社が高価な物件を取り扱いたいと思うのはじつはここに理由があるわけです。

 

ただし取引額が高かろうと低かろうと、実は販促活動に一切変わりはないんです。

 

SRE不動産では担当者にかかる手間が同じの場合、150万円の物件だろうと1億円の物件だろうと同じ仲介手数料で仲介を行ってくれます。

 

不動産会社には滅多にない割引サービスとなるので、仲介手数料を安く済ませたいと思う売主にはぴったりの不動産会社だと言えるでしょう。

 

おうちダイレクトで仲介手数料ナシで売却できる!

おうちダイレクト公式サイト

それでも「仲介手数料は払うのがもったいない!」と思う方向け!SRE不動産独自のサービスで、「おうちダイレクト」があります。

 

これはYahoo!不動産と提携したサービス。
売主自らが物件を売るので、仲介手数料が一切かからないユニークで斬新なサービス(買主側には仲介手数料が発生します)。

 

いわば売主と買主のマッチングサービスであり、あなた自身で売ると言っても全てをやらなければいけないわけでなく、コーディネーターが売却サポートをしてくれます。

 

自分でやらなければいけないこと:売却価格の決定、物件PRの作成、Yahoo!不動産のウェブページに広告の掲載
SRE不動産がやってくれること :買主との内覧調整、案内、契約手続き

 

買主と関わるところや契約周りの複雑なところは基本SRE不動産が代行してくれるためトラブルになる心配もありません。

 

物件PRなどの作成はもしかすると初心者にはやや厳しいかもしれませんが、知識がある人であれば仲介手数料がまるっと浮くわけですし、セルフ売却を検討してみても良いかもしれませんね。

 

マンションAIレポートで売主に役立つ最新データをGET

マンションAIレポート公式サイト

マンションAIレポート」は常に最新のマンションの売買や賃料の価格相場をチェックする事ができ、マンションを売却・購入希望者にとって価値あるデータを閲覧できるサイト。

 

東京・神奈川・千葉・埼玉内にあるマンションの売却価格を自動で算出してくれたり、売却価格帯、築年数ごとの購入価格一覧など、売主にとっては知っておいて損がない情報を最新のAI技術がランキング順に弾き出してくれ、その情報の誤差もほとんどないと評判です(残念ながら関東エリアのみで、関西エリアには対応していないようです…)

 

検索はマンション名とエリア・駅から簡単にでき、情報は1月ごとに更新されるので常に最新の情報を入手する事が出来るので、該当エリアにお住まいの方でマンション売却を考えている人は是非一度試してみてください。

 

SRE不動産の評判をまとめてみた

色々特徴を紹介していきましたが、実際にこちらを使ってみた人の実際の意見はどうなのでしょう?
ネットでのポジティブな口コミと逆にネガティブな口コミをまとめてみました。

 

ポジティブなもの

  • 理想の価格で売却ができた!
  • 問い合わせにすぐさま応じてくれ、最後までスピーディーに進んだ
  • 他の会社に比べて手数料が安いため、費用をがっつり抑えることができた
  • 前の会社で両手仲介をされてしまったので、売主ファーストの姿勢に好感が持てた
  • 母体が大きな会社だからか基盤がしっかりしており、かなり親身に相談に乗ってくれた

 

ネガティブなもの

  • 基本は関東中心になるのでサービスエリアが狭い
  • 担当してくれたエージェントが地方出身だったからか、東京の知識がないように感じて不安になった。
  • 理想の価格で売却は出来たものの、担当のエージェントが新人だったのか苦労した(結果シニアエージェントが出てきて担当してくれた)

 

悪い評価もありましたが、売却活動についてというよりはエージェントの接客方法について不満を言っている人がほとんどでした(しかし酷いエージェントにあたった場合は、経験豊富な違うベテランエージェントがフォローしてくれるようです)

 

また現状AIシステムも一都三県しかフォローされていないので、こちらを残念がる声も多かったです。

 

一方で満足したという評価は非常に多く、いずれも思ったよりも高く売る事ができた!連絡も対応も迅速なのでスピーディな売却に成功!と売却活動の成功を喜ぶ声が多数見受けられる印象でした。

 

担当エージェントによって当たり外れがあるのはどの不動産会社でも同じ、しかしSRE不動産では今担当してくれているエージェントに納得がいかない場合も別のエージェントに変更して貰えるので、そこまでクリティカルな難題ではないでしょうね。

 

あなたが首都圏でのマンション売却を考えている場合、SRE不動産は非常に力強い味方になってくれるはず!
(ここでSRE不動産の誘導リンクを張る)

 

首都圏エリアに強い不動産会社「SRE不動産」

いかがでしたか?
今回は数ある不動産会社の中でSRE不動産の特徴と実際にSRE不動産を利用してマンション売却を行った人の口コミをみていきました。

 

結論、不動産会社の中ではかなりオススメだとだと感じました。

 

また公式サイトでリアルなお客様の口コミを掲載しており、通常こういった場所に掲載する口コミは不特定多数の目に留まるという事もあり良い評価のもののみをピックアップするもの。

 

ですが、SRE不動産ではお客様が書いた原文そのままで良い評価も悪い評価も等しく掲載しており非常に好感が持てました。

 

マンション売るには、不動産会社と売主の信頼関係は必須事項!

 

まだ新しい会社ながらここまで口コミが集まり、注目されているのには必ずそれだけ伴う実績を出しているということ。

 

不動産会社選びに悩まれている方は前向きに検討されてみてはいかがでしょうか(一括査定を依頼する際は外さないようにしましょうね)


TOPへ