マンション売却の手続きと流れ

「マンションを売りたい…」そうは思っても、一体何が必要なのか?どんな流れで売却すればいいのか?分からない人は多いと思います。

 

マンションの売却方法は複数ありますが、不動産会社と契約をし、売却を依頼するのが通常です。

 

この契約も実は

 

専属専任媒介契約
専任媒介契約
一般媒介契約

 

と3種類ありますが、今回は選ぶ人が最も多い「専任媒介契約」に絞って、契約締結〜物件の引き渡しまでの流れを詳しく紹介していきます。

 

3つの契約の違いをより詳しくしりたい場合は、「媒介契約の3つの種類とそれぞれのメリット、デメリット」をチェックしてみてくださいね^^

 

不動産会社と専任媒介契約を結ぶ

家と握手

正式にマンションを売ることを決めたら、まず不動産会社と「専任媒介契約」を締結します。
ここで少し「専任媒介契約」と、他2つの契約について簡単に説明しますね。

 

専任媒介契約ってなあに?

専任媒介契約とは、マンション売却を依頼するにあたって締結する契約の1つ。
契約した不動産1社のみに売却活動をお願いするといった内容になります。

 

「複数社にお願いして1番条件の良い不動産会社を選べば早いしお得なのに…」と思うかもしれませんが、あえて「専任契約」を結ぶメリットが当然存在します。

 

一社だけと契約を結ぶメリットとデメリットは?

一般媒介契約(複数社と契約して売却活動を行う)は、不動産会社側からすればコストをかけて物件をPRしても他社で売却されるリスクがある(=手数料収入が入らない)ので、よほどの人気物件以外は後回しにされがち。

 

その点専属媒介契約は、その不動産会社の独占物件となるため、よりお金をかけた派手な売却活動が期待できるんです。

 

また専属媒介契約の場合、あなたの物件をどのような内容で営業しているのか、不動産会社から2週間に1回以上報告されるので、「しっかりやって貰えているのかな?」と心配になる方にも安心ですね。

一般媒介契約だと業務の報告義務がありません。

一社のみにしかお願いできないというデメリットは存在するものの、それを上回るメリットがあるので選ぶ人の多い契約です。

 

 

実際、わたし自身も「専任媒介契約」でマンション売却に成功しました。
マンション売却体験記」をぜひチェックしてみてください^^


 

売買契約がゴール、マンションの売却活動がスタートです!

契約を結ぶと、不動産会社が動き始めます。
詳細は会社によって異なりますが、主に以下が主流となります。

 

  • 公式ホームページへの掲載
  • 不動産ポータルサイト、住宅情報誌への掲載
  • チラシの配布
  • ご購入を検討している方へのご紹介
  • オープンハウス、現地販売会の開催

など。

 

購入希望者が見つかると当然すぐの引き渡しとはならず、ここから具体的な価格や条件の交渉に入ります。

 

内覧に備えてマンションをキレイに保ちましょう。

掃除道具を持つ女性

この時期、購入希望者に実際に部屋の中を見せてほしいと、不動産会社から依頼されます。

 

これを「内覧(または内見)」と呼び、少し面倒くさく感じるかもしれませんが、ここが肝心です!

 

内覧時の印象はマンションが売れるかどうかに大きく関わってきます。
なので「ぜひ買いたい!」と思ってもらえるように、売却活動中は常に部屋をキレイに片づけておきましょう。

 

また内覧はタイミング!
できるだけこの期間は「内覧に対応できない」といったことがないように。

 

やや窮屈に感じるかもしれませんが、早期売却するために内覧第一で考えましょう。

 

価格交渉を見据えた価格設定を予めしておきましょう。

家と電卓

この価格交渉時が、売主にとっては要注意ポイント!

 

なぜかというと、必ずと言って良いほどこの段階で、買い手から値下げ交渉が入るからです(そりゃあ誰だって少しでも安く買いたいですものね!)

 

売主は事前にマンションをいくらで売るか自由に値段を設定できますが、予めこの値下げ交渉を見据えた価格に設定しておく必要があります。

 

例えば2,000万円でマンションを売りたいと考えている場合、そのまま2,000万円を売値にしてしまうのはダメ。

 

この値下げ交渉で、1,900万円とか1,800万円などの金額を見込み客からぶつけられるのは必然です。

 

大幅な値下げに応じるかどうかはその時々でしょうが、例えば最初は2,050万円で売り最終2,000万円まで下げるなど、数十万の値下げ幅を予め持った価格設定をしましょう。

 

書類を用意し、売買契約を結ぶ

登記済証

売却金額が決まれば、あともう一歩!
売主さん向けに、売買契約に必要な書類を以下まとめてみました。

 

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 実印
  • 印鑑証明書(過去3か月以内に取得したもの)
  • 登記済証、もしくは登記識別情報通知書
  • 固定資産税納税通知書
  • 仲介手数料の半額の金額(もう半分は物件引き渡し時のお支払いです)
  • 収入印紙代

その他、場合によって必要になる書類もあるので、担当者に確認してみてください。

 

マンションの受け渡し

家の鍵と間取り図

売買契約をしたから即日マンションを引き渡し!とはいかず、基本は買い手のローンの審査機関や売主の引っ越しのタイミングなどを加味します。

 

だいたい1か月前後に「受け渡し日」を設定することになるでしょう。

 

売主はそれまでに引っ越しを済ませ、受け渡し日に全ての鍵を渡し、買い手から代金を受け取れば、晴れて受け渡し完了です。

 

まとめ

専属媒介契約でマンションを売ろうとした場合、

  1. 不動産会社と専属媒介契約を締結
  2. 売却活動
  3. 売買契約の締結
  4. 家の引き渡し

この4つの手順を踏む必要があり、より高額に、よりスムーズに売るためには売主の努力が絶対に欠かせないことが分かりましたね。

 

マンションはあなたの大きな財産です。
正しい知識を身に着け、損をしないように積極的に動いていきましょう。

 

【前回】<<「マンションの相場の調べ方」

【次回】>>「不動産屋の選び方5つのポイント」

TOPへ