マンションが売れない…!その原因は不動産会社かも!?

泣いている女性

「契約してマンションを販売してもらっているけれど、なかなか売れない…」
「半年近くになるのに一向に買い手が見つからない。もう疲れた…」

 

そんな不安や悩みを抱えていませんか?

 

マンションが売れない場合は、必ず原因があります。
その主な原因の1つに「契約している不動産会社」があります。

 

「どこを選んでも同じでは?」と思っていませんか?

 

会社選びは不動産を売却するときに重要な要素であり、選択したところによって売却の成功が左右されます!

 

今回はマンションの売却が思うように進まない原因や、契約する不動産会社が売却活動にどう影響するのか、そして最適な不動産会社の特徴や探し方を説明していきますね^^

 

あなたのマンション売れない原因は、もしかしたら不動産会社のせいかもしれませんよ?
思い当たる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

マンションが半年以内に売れなければ要注意!

×マーク

マンションを実際に売りに出してから売買が成立するまでにかかる平均期間は、約3〜4ヶ月。
これは、媒介契約の更新が3ヶ月間であることに関係しています。

 

売却までの一般的な流れとしては、以下のとおりです。

  1. 不動産会社と媒介契約を結ぶ(最初の1ヶ月目)
  2. 販売活動開始(1〜3ヶ月目まで)
  3. 販売状況の見直し・媒介契約の再契約〜再販売(4〜6ヶ月目)

 

もしも同じ不動産会社と2回目の契約をしてもマンションが売れ残ってしまうと、約半年間も売れていない状態ですから、マンション購入希望者に「これはなにか問題のある物件なのかな」と疑惑を持たせてしまいます。

 

こうなるとさらに売れづらくなってしまいます。

 

ですから、マンションは売りに出して半年以内には売却できないと要注意です!

 

マンションが売れない主な原因4つ

マンションの内覧中

「なんでマンションが売れないのだろう…?」
そこには、必ず売れ残っている原因が潜んでいます。

 

以下に、マンションの買い手が現れない主な原因を挙げてみました。
当てはまる原因があるかチェック!

 

価格は適正ですか?

価格と価値のバランス

やはり売却価格が高いと、マンション売れません。

 

買い手候補もネットなどでたくさんの物件を比較して、だいたいの相場を把握していますからね。
それに何十年ものローンを背負うわけですから、購入には慎重です。

 

マンションという大切な資産を売りたくてつい高額で出してしまいがちですが、売却価格は高くなるほど売れる可能性が低くなります。

 

相場以上の価格となれば、需要は一気に少なくなります。

 

中古マンションの最大の売りは「価格の安さ」にありますから、価格はある程度妥協する必要があるでしょう。

 

条件は魅力的ですか?

  • 部屋の状態
  • 立地条件
  • アクセスの良さ
  • 資産価値

 

マンションを選ぶ時、購入希望者は主に上記のような点を重視しやすいです。
これらの条件が良いほど、売却できる可能性も上がります。

 

しかし、たとえ条件が悪いマンションだとしても諦めることはありません。
宣伝方法によっては、上手にカバーすることができます。

 

その点に関しては不動産会社の力量にかかっていると言ってもいいでしょう。

 

他に競合する物件が売られていませんか?

マンション

もし同時期に同じマンション内で売り出されているなら、競争率は自然と高くなります。

 

同じような間取りの部屋が売られていたら、誰だって比較・検討しますよね。

 

できれば売り出す前に「同じタイミングで他の物件が売られないか?」を確認しておき、なるべくタイミングをずらす対策を打っておくと良いですね。

 

契約を交わしている不動産業者に至らない点はありませんか?

実はマンションが売れない理由の中でも最も大きな原因が、不動産会社なのです。

 

いくら価格を安くしようとも、良条件が揃っていようとも、宣伝方法や売り方が間違っていれば意味がありません。
それを決定して実行に移すのが不動産会社ですよね。

 

実際に、契約する不動産会社を変更したらマンションが売れた、という話もよく聞きます。

 

「物件に魅力はあると思うし、条件もよくしたのに、売れないのはなんで?」
そんな状況ならば、不動産会社に原因があると言えるでしょう。

 

マンションが売れない主な原因は、不動産会社にある!

不動産会社の営業担当者

マンションが売れ残っている状況が続いているようならば、不動産会社の選択に誤っていないどうかをチェックしてみましょう。

 

もしも以下に思い当たる不動産会社なら、要注意ですよ!

 

適切な販売活動を行っていない

  • 広告を出す範囲が狭い
  • 広報活動を積極的にしていない
  • 広告文章で物件の魅力が伝わってこない

 

物を売るのに重要なのは、営業や広告です。
なるべく広く発信して購入希望者に多く情報が行き届かなければ、どれだけ時間が経っても売れません。

 

さらに、売り出したマンションを効果的に宣伝することも重要です。

 

アクセス条件が良いならその面を強くアピールしたり、閑静な住宅街なら静かに過ごせる面をアピールしたりと、物件が魅力的に見えるような工夫が大切です。

 

これらは全て、営業担当者の腕にかかっています。

 

実際に売り出されている広告文に魅力を感じない・広告範囲が狭いと思ったなら、他の会社を検討したほうが良いです。

 

売却活動報告が少ないor全くしない

  • 広報活動のお知らせがない
  • こちらから何をしたか聞いても答えない
  • どこに広告が掲載されているのか全く知らない

 

不動産会社から広報活動に関する報告を何も知らされていないケースは要注意です。

 

「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」で結んでいるのに報告が一切ないのは、義務違反となります!

 

全てを不動産会社に任せきりにせず、どのような営業活動を行っているのか、どういった成果があったのかをしっかりと確認してください。

 

担当者の対応が悪い

  • 連絡がスムーズに取れない
  • 態度がいつもそっけない
  • こちらの相談に乗ってくれない

 

マンション売却は、担当者と二人三脚で進めていくものです。
そんな担当者の態度が悪いとお互いに意思疎通がしづらくなり、スムーズな売却活動ができません。

 

その担当者は、おそらくあなたのことを考えておらず、自己の利益しか考えていない可能性が高いです。

 

口コミや評判がよくない

  • ネット上の口コミや評判に良い評価が少ない
  • SNSなどで悪評が目立つ

ネット上の口コミや評判で悪い評判が目立つようなら、その不動産会社は避けましょう。
他の不動産会社をすぐに検討することをオススメします。

 

悪質な不動産会社も存在する

不動産会社の建物

不動産会社の中には、悪質な方法で売り主を騙して自分の利益を優先しようとする最悪なところもあります。

 

よくある悪質な不動産会社の手口としては「囲い込み」があります。

 

囲い込みとは、たとえば他社から「そのマンションを購入したい」との連絡があったとき、「もう売却済みです」などと事実と異なることを言って勝手に追い払ってしまうことです。

 

これは、両手仲介料で2倍の報酬を狙うためです。

 

もし他の不動産会社に物件を紹介してしまったら、売り主からしか仲介手数料をもらうことができません。

 

逆に、他社の紹介を挟まずに売買が成立すれば、売り主と買い主両方から手数料がもらえる…ということです。

 

さらにとある会社では、売却活動をわざと行わずに放置して、売り主を疲弊させようと企むところもあります。

 

売り残らせることで売り主の焦りを誘い、最終的に「この価格で買い取りますよ」と、相場よりも格段に低い値段で不動産屋が直接買い取ろうとするのです。

 

これらの行為は全て「自己の利益」のためだけで、売る側としては腹のムシが収まりませんよね。

 

ですから、不動産会社選びは慎重に・真剣に選びましょう。

 

マンション売却に適切な不動産会社を見つけよう

対応の良い不動産会社の営業担当者

マンション売却を後悔せずに成功させるためには、適切な不動産会社を見つけることが重要です。
ここでは、最適な不動産会社を選ぶポイントと探し方をご紹介します。

 

マンション売却に最適な不動産会社を選ぶポイント

中古マンション売却に強い不動産会社かどうか

不動産会社にも得意分野が存在します。
一軒家の売買に強い会社・地域に強い会社・中古住宅販売に強い会社…、などさまざまです。

 

マンションを販売するのなら、やはり中古マンションの売買の経験豊富な不動産会社を選びましょう。

 

その会社の実績や業務内容をしっかりと確認してみてください。

 

担当者が親身になってくれる

お伝えしたとおり、担当者の質はマンション売却の成否を分けるといっても言いでしょう。

 

以下のようなポイントを満たした担当者かどうか、常に見極めるようにしてください。

  • こちらの気持ちや事情をしっかりと汲んでくれる
  • 細かな点までしっかりと解説してくれる
  • 強引な営業を推し進めてこない

 

そして何よりも、「この人なら任せても安心だな」と自分が心から信頼できそうな人に依頼しましょうね!

 

査定額の根拠を説明してくれる

査定金額の説明をしている不動産会社の営業担当者

マンションの高額売却のためには売り出し価格を高く設定しなければなりませんが、相場よりも高すぎると需要が少なくなりますし、低すぎると損します。

 

売却価格の設定は実は難易度がとても高いので、腕が試されると言っても良いでしょう。

 

もしも不動産会社から売却価格を提示されたら、「どうしてこの価格なのですか?」と聞いてみてください。

 

そこで根拠のある納得できる説明をしてくれたら、その不動産会社の担当者は腕がある人でしょう。
逆に、答えられない・理由が不明瞭な場合は要注意です。

 

マンション売却に最適な不動産会社の見つけ方

上記に当てはまるような最適な不動産会社を見つけるためには、いくつかの会社に査定依頼し、比較検討するのが大切。

 

しかし、実際に自分の足で複数の会社を回るのは労力と時間がかかりますよね。
そこでオススメなのが、「不動産一括査定サイト」です。

 

これは、情報を一度送信するだけでいくつもの会社に査定してもらえるサイトのことです。
不動産一括査定サイトの特徴は主に3つあります。

  1. いくつもの不動産会社から査定結果をもらえる
  2. 0円で利用できる
  3. 相場把握に役立つ

 

複数の不動産会社をかんたんに比較できる

たった1度のデータ入力でいくつもの不動産会社から査定してもらえるのは、大きなメリットです。

 

あなた自身で近所の不動産会社を探したり、実際に訪問したりする労力や時間を減らすことができます。

 

しかも不動産一括査定サイト側が、あなたのマンション売却に最適な会社を自動で選び抜いてくれるから、とっても便利!

 

無料で利用できる

利用は0円です。
費用は一切かかりませんから、気軽に使えますよ。

 

相場をつかめる

複数の不動産会社の査定額を見比べることができるので、あなたのマンションのおおよその相場額がわかるでしょう。

 

このように、「労力が少なく」「簡単に」「多くの不動産会社を比較可能」で、「相場も把握できる」のでメリットがいっぱい!

 

不動産会社を検討するのなら、ぜひとも活用したいですね(*^-^*)

 

まとめ

以上、マンションが売れ残るワケや最適な不動産会社の選び方などをお伝えしました。

 

マンション売却の成功のおよそ8割が「不動産会社選び」によります。

 

会社の評判はどうなのか・担当者の対応は良いか、などをしっかりと見定めて不動産会社を選んでいきましょう。

 

最適な不動産会社を探すのにぴったりな方法が、「不動産一括査定サイト」です。
簡単で有益なこのサービスを利用して、最適な不動産会社を探してみましょう!

 

 

わたしは「イエウール」という不動産一括査定サイトを使いました。

 

詳しくは、「マンションを売却するならイエウール!その理由や信憑性について解説」をよんでみてくださいね(#^^#)



TOPへ